2011-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動くと痛い自分の姿 - 2011.07.28 Thu

kagami01.jpg 

中学生のころから腰痛があるという30代の女性が来院。

今回は、歩くのもつらいほどの痛みだということ。

今までかかったお医者様では、「安静」を指示され、さらに「使い過ぎはよくない」とか「重いものは持たないほうがよい」、「中腰は負担がかかる」など、ありとあらゆる制限を受けてきたそうです。

今日は2回目の施術だったのですが、初めて来院されたとき、「基本的に、してはいけない動作はないですよ。運動もして構いませんよ」と院長がお話したことに、かなり驚いたということです。

これは、ファミリーカイロではよくあることで、病院の先生の指示をよく守る方ほど、自分自身に「自分はここが痛い人だ」というレッテルを貼り、それを脳が忠実に守るというサイクルに捕らわれてしまいがちです。

それは、無意識に行われていることなので、自分で気づくことは難しく、そのサイクルから抜け出すことは、さらに困難です。

ファミリーカイロでは、ご自身の身体を使った検査により、自分で自分にレッテルを貼っていないか、無意識に「痛い人」になっていないかを確かめることができます。

それは、『自分の姿を客観的にイメージしていただく』という検査です。

今日の患者さんの場合、「動くと痛い」ということでしたので、「動くと痛い自分の姿を見てください」という院長の言葉を受けて、ご本人にイメージしていただき反応を検査しました。

その結果、脚に力が入りません。

つまり、脳が「自分は動くと腰が痛くなる人だ」というレッテルをご自分に貼ってしまっているということです。

そのイメージを「スムーズに動いている人」に変えていただき再度検査をすると、今度はしっかりと脚に力が入ります。

こちらのイメージを、脳がしっかり学習してくれれば、「自分はスムーズに動いている人だ」ということになります。

元々は、スムーズに動いていたわけですから、「痛いのが当たり前の自分」から、「スムーズに動くのが当たり前の自分」に戻っていただくことで、症状の改善をサポートいたします。

施術中にはなかなか詳しくご説明できませんが、「自分の姿を外から見る検査」には、このような意味があるのです。
スポンサーサイト

おかげさまで実力が発揮できました! - 2011.07.27 Wed

basketball01.jpg 


中学3年生の男の子のお母様から伺ったお話です。

息子さんは、バスケットボール部に所属。中学生最後の大会である中体連に出場。
チームは区で4位ということで、残念ながら勝ち進むことができず、3年生は引退ということになったそうですが、お母様いわく
「チームは負けてしまったけれど、息子のプレーは、今までで一番輝いていて、実力も発揮できたと思います」
ということです。



実は、少し前に、息子さんはめまいの症状で、3~4回院長の施術を受けていました。

まず、アクティベータで身体全体の神経の働きのバランスを整え、次に、PCRTやコーチングの手法で“からだとこころのバランス”を整えていきます。
「治療を重ねるうちに、本人の中で何かが明確になったようで、症状が軽減しただけでなく、自信がついたように感じられる」
とお母様がおっしゃっていたことを思い出しました。

自分の力を発揮できたからか、引退後の切り替えも早く、早速来年春の高校受験を目指して夏期講習に通い始めたそうです。目標に向かって、新たなスタートです。



このように、ファミリーカイロでは、単に身体の症状の軽減だけでなく、ご本人が望む方向へ進むサポートもさせていただきます。
皆様が、自分らしく、健康で幸せな人生を歩んでいかれますよう、お手伝いさせていただきたいと心より願っています。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

pinknatural

Author:pinknatural
お越しいただき、ありがとうございます☆あなたとの出逢いに感謝☆

最新記事

やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (109)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。