2011-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼稚園児のかゆみと咳 - 2011.02.24 Thu

5歳の女の子が、かゆみと咳の症状で来院。

咳は、来院してお母様の施術を待つ間、激しくはないけれど出続けていました。
足の裏は、夜中急にかゆくなり、眠れないほどだったとか。
「どこが痒かったの?」と尋ねると、「ここ」と両足の裏を指し、症状を思い出したのかボリボリと掻きだします。
部分的にカサカサしているところはありますが、発疹などは見られません。

お母様の横に寝てもらい、お母様の身体を使って検査させていただきます。

経絡と感情のチャートを使って原因を特定し、該当する検査バイルを持ってもらい確認すると、お母様の脚に力が入らなくなります。
それを合わせる施術を行い、再度確認すると、今度はしっかり力が入ります。

かゆみと咳の症状は、経絡は違っていましたが、同じ感情「拘束感」で反応。

お母様に心当たりを尋ねてみると、しばらく考えられた後、「ああ、そういえば・・・」
と思いあたることがあるとのこと。

この頃、テレビを観る時間や、登園前の朝の準備の時間についての話をしたばかりだそうで、「子供ながら、時間に拘束されていたということですね」と笑いながら話されていました。

施術後、お母様とお話しているといつの間にか女の子の咳は出なくなっていました。
「足はどうかな?」と尋ねてみると、「もう痒くない」と笑ってました。

かゆみと咳。
一般的には、皮膚科と小児科で薬を処方してもらい、症状を抑えることが多いかもしれません。

ファミリーカイロでは、身体に聴く検査により、症状につながる原因を特定し、施術によって切り替えることが可能です。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

pinknatural

Author:pinknatural
お越しいただき、ありがとうございます☆あなたとの出逢いに感謝☆

最新記事

やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (109)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。