2011-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼稚園児のかゆみと咳 - 2011.02.24 Thu

5歳の女の子が、かゆみと咳の症状で来院。

咳は、来院してお母様の施術を待つ間、激しくはないけれど出続けていました。
足の裏は、夜中急にかゆくなり、眠れないほどだったとか。
「どこが痒かったの?」と尋ねると、「ここ」と両足の裏を指し、症状を思い出したのかボリボリと掻きだします。
部分的にカサカサしているところはありますが、発疹などは見られません。

お母様の横に寝てもらい、お母様の身体を使って検査させていただきます。

経絡と感情のチャートを使って原因を特定し、該当する検査バイルを持ってもらい確認すると、お母様の脚に力が入らなくなります。
それを合わせる施術を行い、再度確認すると、今度はしっかり力が入ります。

かゆみと咳の症状は、経絡は違っていましたが、同じ感情「拘束感」で反応。

お母様に心当たりを尋ねてみると、しばらく考えられた後、「ああ、そういえば・・・」
と思いあたることがあるとのこと。

この頃、テレビを観る時間や、登園前の朝の準備の時間についての話をしたばかりだそうで、「子供ながら、時間に拘束されていたということですね」と笑いながら話されていました。

施術後、お母様とお話しているといつの間にか女の子の咳は出なくなっていました。
「足はどうかな?」と尋ねてみると、「もう痒くない」と笑ってました。

かゆみと咳。
一般的には、皮膚科と小児科で薬を処方してもらい、症状を抑えることが多いかもしれません。

ファミリーカイロでは、身体に聴く検査により、症状につながる原因を特定し、施術によって切り替えることが可能です。
スポンサーサイト

経絡と感情 - 2011.02.07 Mon

ファミリーカイロでは、現在“経絡と感情”のサンプルを使った検査・施術を行っています。

患者さんに症状をイメージしていただき、術者がその症状に影響している経絡(エネルギー・気の通り道)と感情を特定。該当するサンプルを手に持っていただき、イメージと呼吸+振動で切り替えます。

最近では、経絡をさらに細かく検査し、感情の言語情報と併せて施術することにより、よりシンプルにアンバランス情報を切り替えることができるようになりました。


現在、スタッフミーティングで、院長より少しずつ経絡についての教えを受けています。
経絡そのものも、もちろん興味深いのですが、私にとって今日の講義で特に印象深かったのは、その背景にある大きな考え方です。

「木(もく)」「火(か)」「土(ど)」「金(ごん)」「水(すい)」という『五行(ごぎょう)』。 これを人間のからだにあてはめて考えていきます。

 gogyo.gif  

つまり、これらは互いに影響しあうものであり、どれかが高くなったり低くなったりすることで、全体のエネルギーのバランスが崩れてしまうということです。

「木・火・土・金・水」、さらに「陰」と「陽」のバランスがうまく保たれた状態がその人にとっての「健康」であり、アンバランスになった状態が「病的」といえるのではないかと思います。

また、それは身体の中だけのことではなく、私たちを取り囲むもの、人間関係や自然、さらには宇宙という大きな存在とのエネルギー・気の循環のバランスにつながっていると思います。

検査や施術自体はとてもシンプルに感じますが、その背景には古くから伝わる大きなものがあると感じます。
人間が本来もっている大きなエネルギーのバランスを整え、症状として現れる前に調整するお手伝いができる施術を、ひとりでも多くの方に知っていただきたいと願います。

肩と足首の痛み - 2011.02.05 Sat

30代の男性が、病院で“五十肩”と診断されて来院。
腕を上げると痛みが強く、筋力検査でも力が入らず、神経・筋肉が上手く働いていないことがわかります。

さらに、右の足首をひどく捻挫したことがあり、特に内側に抵抗する筋力検査で痛みを訴えます。
日常生活でも、あぐらをかくことが難しかったりするそうです。

まず、院長が細かく検査をしながら神経の働きのバランスを整えていきます。
アクティベータの肩・足首の検査のほとんどで反応し、これだけ神経の働きがスムーズでなければ、筋肉も上手く働かないだろうと感じました。

また、自覚症状はないものの、右膝周辺もアンバランス状態の反応。ちょっとしたストレスをかけただけでも神経・筋肉が緊張していることが分かります。
この状態を放ったままでいれば、新たな怪我などにつながる可能性が高くなります。

施術後は、痛みを感じることなく肩や足首を動かすことができ、「わ~、すごい!」と患者さんもとても喜んでいらっしゃいました。
この状態を身体が覚えてくれれば、バランスのとれた状態を維持することにつながると思います。

この方は、もうすぐ3歳になる男の子のお父さんでもあるのですが、「これで息子とも思いっきり遊んでやれそうです」と笑っていらっしゃいました。



ファミリーカイロでは、身体に聴く検査によって、痛みなどの症状を感じるところはもちろん、まだ症状として感じられていない段階での調整が可能です。つまり、メンテナンスや予防の意味でご利用いただくこともできます。

そして、それは健康な状態を保ち、毎日の生活の質を向上させ、さらには自分らしく生きる未来へとつながるのではないかと思います。
一人でも多くの方に喜んでいただけるよう、お役に立てればと願います。

普通に、いつも通り、自然体で - 2011.02.03 Thu

高校受験を今週末に控えた中学3年生の女の子が来院。
受験をイメージしてもらい、院長が検査をすると、身体は陽性反応を示します。
キーワードは“戦い”や“意欲”。

この女の子は、今までも部活や習い事など、とても前向きに取り組んできた頑張り屋さんです。受験に対しても「がんばろう!」という前向きな気持ちがとても強かったようです。
一般的に、これはとてもあたり前の、しかもポジティブな感情で、そんなことが身体を緊張させているとは考えにくいかもしれません。

でも、その強い感情が自律神経を刺激し、アンバランスを引き起こせば、それは無意識な部分で緊張状態を引き起こしていることになります。
受験に限ったことではありませんが、ファミリーカイロの施術の現場では比較的多く見られる光景です。

この女の子に対する院長のアドバイスは、「普通に、いつも通りに、自然体で取り組んでいるイメージはどう?」というものでした。
その言葉を参考に彼女自身がイメージをし、検査してみると、脚が揃って身体はリラックスしていることが分かります。

「無理にがんばろうとしなくても、自然にがんばってしまうものだから、いつも通りの感じのほうが実力が出せると思うよ」
という院長の言葉に、笑顔で頷いていた女の子の表情が印象に残っています。


普通に、いつも通り、自然体で試験に臨めますよう、そして実力が存分に発揮できますように。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

pinknatural

Author:pinknatural
お越しいただき、ありがとうございます☆あなたとの出逢いに感謝☆

最新記事

やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (109)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。