2009-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“願いが叶う”NLP体験セミナー - 2009.09.22 Tue

 

願いがかなうNLP-1




以前、ご紹介したNLPラーニングの山崎啓支さんが書かれた『願いがかなうNLP』。


この本の中で紹介されている『チェインプロセス』というワークを体験するセミナーに参加してきました


講師は、同じくNLPラーニングの大江亜紀香さん


このワークは、昨年学ばせていただいたNLPのコース中、そしてその後の勉強会で何度か経験したことがありますが、その度に新たな気づきが得られる、とてもパワフルなものだと感じています。


今回は4時間のセミナー。


まず、NLPとは?というところから始まり、続いて、人間の脳のしくみについて学んでいきます。

「肯定的な言葉を使うことの大切さ」
「目標が達成された、その先をイメージする大切さ」etc.

そのことについて、丁寧なレクチャーが続きます。


そして、デモンストレーションを交えながらワークの手順の説明後、ペアを組んで開始!


最初にガイド役をさせていただいたのですが、ワークが進むにつれて、クライアント役の方の表情がだんだん明るく、活き活きと変化し、下向きだった視線が真っすぐ前を向いてくる様子を見せていただくことができました。


次に役を交代して、私がクライアントに。
ワークが終わるころには、体中が熱くなり、気持ちが軽くなるのを感じました。


受講後、「本を読んでわかったつもりになっていたけど、実際体験して感覚が変わった気がします」と話してくださった方の、照れたような笑いが心に残っています。


私自身、昨年とは違う講師、違う仲間、違う場で学ぶことができ、また新たな感覚を得ることができました。


こうして学び続けることで、少しずつでも前に進んでいこうと思っています。


スポンサーサイト

ワークご紹介・その1 - 2009.09.20 Sun


今日は、ファミリーカイロ健康教室。
参加者のみなさんと一緒に、ふたつのワークを楽しみました。



まず、前回行った『自分の姿を客観的に見るワーク』に工夫を加えたものをご体験いただきました。

ご自分の姿を映画館のスクリーンに映し出し、その映像を、映画館の座席に座って観ていただくというワークです。

これは、治療中にもしていただくことがあるかと思いますが、ご自分の姿を客観的に、離れて見ていただくことにより、イメージを変えやすくするという効果があります。



これをNLP用語では「ディソシエイト(切り離すこと)」といいます。

反対に、体験に入り込み、どっぷりとつかることを「アソシエイト(つなげること)」といいます。



往々にして、私たちは辛いことに入り込み、自分にとってネガティブなイメージをポジティブに切り替えることは難しいと感じがちです。

そういうときに、この手法はとても役に立つと思います。



実際の自分とは切り離した自分をスクリーンや画面の中にイメージし、その人物をより客観視するために名前をつけます。(仮にナターシャとします。)
そして、その落ち込んで下を向いているナターシャを前を向いて笑っているナターシャに変えてみてください。



このように、スクリーンの中のナターシャを変えることで、それを見ているご自身の感じ方も変わってくるかもしれません。

また、普段の視点とは違うところから見ることができ、新しい発見があるかもしれません。


このように、いつもと違う脳の使い方をすると、新しい神経回路を作るのに役立ち、脳の柔軟性を養うことにつながることでしょう。

そして、脳の柔軟性が増すということは、環境への適応力が増すと いうことにつながり、ひいては健康維持に役立つのだと思います。



もうひとつのワークについては、また改めてご紹介させていただきます!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

pinknatural

Author:pinknatural
お越しいただき、ありがとうございます☆あなたとの出逢いに感謝☆

最新記事

やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (109)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。