2008-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私にとっての2008年 - 2008.12.31 Wed

book2-1.jpg


今、2008年をふりかえると、“学”という文字が浮かんできます。

それは、この春、院長の「NLPセミナーを受けてみる?」

というひと言から始まりました。                 


おそるおそる・・・という表現がピッタリな状態で参加したプラクティショナーコース初日。

最初の自己紹介のワークでは、なるべく人と目を合わせないようにしている自分がいました。


そして、学んだことを職場の週一回のミーティングで発表する・・・

そのことも、正直言って重荷でした。


そんな私にひとつの変化があったのは、第4講(7・8日目)を終えたころだったと思います。

あるスキルを習ったとき、全く理解することができず、どうしよう・・・と悩みました。

自分が分からないことを、どうして人に伝えることができるでしょう?

初めて、色々な本を読み、検索し、自分なりに資料を作り、発表に臨みました。

大したことはできなかったのですが、少しだけ楽しんでいる自分を発見し、充実感らしきものを感じました。



“やらされる”→“やる”→“やらせていただける感謝”

“義務”→“楽しむ”→“ワクワク”




こうシフトできれば、人生の豊かさが何倍にもなるかもしれません。


脳は「痛みを避けて、快を求める」ようにできているそうです。


なかなか 「いつも」 はできませんが、まずは 「1回、さらにもう1回」 を目指してみたいと思います。




今年も、たくさんの方々とのご縁をいただき、心より感謝申し上げます。

ありがとうざいました。

新しい年が、みなさまと、みなさまの大切な方々にとって、よりしあわせなものでありますように・・・

来年も、どうぞよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト

☆Merry Christmas☆ - 2008.12.24 Wed

みなさま、クリスマスイブを、いかがお過ごしでしょうか?


今日は、治療院が休診日ということもあり、午後から保井院長宅でクリスマスパーティーがありました。

夏の大濠花火大会の日に集まったメンバーに、ふたり(新しいスタッフと、10月に生まれた別のスタッフの赤ちゃん)が加わり、合計10人。

こうして、人数が増えることに喜びを感じつつ、文字通り、アットホームな時間を過ごさせていただきました。


途中、院長&奥さまから、全員にプレゼントが!!!!!

それぞれのイメージに合わせて選んでくださったそうです。(左の写真が、それです)

お心づかいに感謝、感激です。




そして、さらに帰宅後。大切な友人からのギフトが届いてました 。(右の写真が、それです)

これも、わたしのイメージだそうです。 


gift1-1.jpg    gift2-1.jpg



大切なひとに想いをつたえる・・・

受け取った気持ちを素直に表す・・・

そして、またつながりを深めていく・・・



今日という日が、そんなきっかけになったら素敵ですね。

実感!施術の効果 - 2008.12.10 Wed

ichoha1-1.jpg 通勤途中城内にて



私ごとですが・・・

2週間前、外出先で、階段から落ちて右脚を負傷。
正座状態で3~4段を滑り、両膝が床について止まった、という感じです。

帰宅後、おそるおそる患部をみると、打撲によるあざと、擦り傷が多数。
夜には、全体的な腫れ。
少しでも触ると痛みが全身を走り、くつ下を履くのにも一苦労です。


そして、迎えた翌朝・・・


階段を降りようとすると、勝手に脚がすくむのです!


階段が怖いとか、気をつけて降りようなどと考えている訳ではないのですが、
脚が止まって、前に出ません。

どうやら、無意識が 『階段は怖い、危険』 という信号を出し、意識とは別に脚が動かなくなったようです。
手すりをしっかり握り、小さい子どもがするように、一段一段、時間をかけて、何とか降りることができました。
それから、階段を降りるたび、この状態です。


セミナー出席のため留守だった院長の帰りを待ちわびること5日間。
やっと受けられた施術内容の一部をご紹介すると・・・


まず、落ちたときをそのままイメージ (思いっきり反応。脚に全く力が入りません。)

大したことがなかったようにイメージ (反応なし。力が入ります。)

切り替える施術

もう一度、落ちたときをイメージ (反応なし。力が入ります。)

落ちたときのショックに対する施術終了


そして、翌朝・・・

何気なく、手すりも持たずに、階段を降りている私がいました。
記憶の中の、落ちたときのショックが和らぎ、大したことではなかった、ということになったからでしょう。


2週間経った今では、傷も打撲のあとも、ほとんど消えました。

これも“自然治癒力”を高める施術のおかげだと思ってます。
この治療に出逢えてよかった・・・

治る力、治す力 - 2008.12.06 Sat

kiduki1-1.jpg 『もどっておいで 私の元気!』  岡部明美さん著より

『気』
 「気」は生命のエネルギー。この生命のエネルギーは心のありようと深くかかわっている。
 気に病むこと、気が滅入ること、気が重くなること、気がかりなことが多いと、気という生命エネルギーの力が弱まり、病気にかかりやすくなる。
 でも、人は誰でも「自然治癒力」という、自分で自分の病気を治す力、癒す力をもっているので、心のありようを変えることで、からだに起きている異常事態を回復させることだってできる。

 たとえば、気分がさわやかになる所に行ってみたり、気持ちのいい時間を過ごしたり、気が楽になる人と話したり、気が晴れることをしてみたり。
 自分が心地いいと思うこと、楽しいこと、好きなことをしていると自分の内側から元気が沸いてきて、生命エネルギーが高まってくる。
 でも、いちばん元気になるのは、愛のエネルギー。愛する人の存在。自分を愛してくれる人の存在。愛はすべてを癒し、奇跡を起こすいのちの根源的なエネルギー。



この本は、待合室にも置いてありますので、ご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。

わたしの手元にあるのは、今年初め、院長から各スタッフへ、ということでプレゼントされたもの。
そのとき、「何も考えずに、パッと開いたページを読んでごらん」と渡されたこともあり、なんとなくそれが習慣になっています。
何度も出逢うページもあるし、まだ出逢っていないページもあることでしょう。

このページとは、初めての出逢いです。

ちょうど、自分自身の治る力、治す力について考えていたところだったので、ちょっとびっくり。

確かにわたし自身、「なんか治りそう」という自信めいたものが湧いてくるときは、たとえそれが根拠のないものであっても、回復が早いという経験があります。

そんなときは、この「自分で治る、治す力」を信じているのかもしれません・・・

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

pinknatural

Author:pinknatural
お越しいただき、ありがとうございます☆あなたとの出逢いに感謝☆

最新記事

やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (109)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。