2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気分は霜降り肉 - 2014.01.05 Sun

霜降り肉 

「なんだか、上等な肉になったみたい~」

ある患者さんが施術を終えたときに口にされた言葉です。

???

施術前は、全身が硬く、緊張して、まるで古くて硬くなった肉のようだったということです。

施術後は、全身が柔らかくなり、気分は「霜降り肉」になったそうです。

緊張がほぐれると、身体は本来の状態に戻ることができます。

ファミリーカイロでは、症状につながる無意識のスイッチを切り、皆様の自然治癒力を最大限に引き出すサポートをさせていただきます。

スポンサーサイト

「え?そんなことがストレスに?」 - 2013.11.10 Sun

迷う玉ねぎ


今日のスタッフ担当日に来院された40代男性。自営業。

特にこれといった症状はなく、大きなイベントを終え、メンテナンス目的での来院です。

全体的なバランスを検査していくと、自覚症状がなかった腰や足の裏、背中、首などにエネルギーブロックがみつかりました。

感情が絡んでいたのは主に次のふたつ。

まず「恐れ」。

「プライベートで、心配なことで反応してますけど、思い当たることはありますか?」

「今、イベントが終わってほっとしてるから、全く思い浮かばないです・・・」

「案外、自分では気にしてないことが反応するケースが多いですよ。」

「う~ん・・じゃあ、これ。」

「反応します。さらに、で反応するのでもっと具体的にイメージしていただけますか?」

「う~ん・・はい、これ。」

「反応します。それ以上はないみたいですね。」

「わははは!そんなことで!」(大笑い)

振動+呼吸法で切り替えると反応は消失しました。

次は「逃避」。

「仕事の動作で避けたいことで反応します。何かイメージしていただけますか?」

「はい。」

「反応します。さらに、で反応するのでなるべく具体的にイメージしていただけますか?」

「はい。」

「反応します。それ以上は出ないですね。」

「わっははは!」(大笑い)

これも振動+呼吸法で切り替えると反応は消失しました。


「恐れとか、逃避っていうから、もっと重大なことかと思ったら、自分だけ待ち合わせ場所につけなかったらどうしようとか、玉ねぎ切るのが嫌だとか・・そんなことがストレスになるんですね。」

と患者さん。

「あ~軽くなった。」と笑いながら、帰っていかれました。


このように、自分では意識していない感情で反応するケースは多くみられます。

症状を感じる前のエネルギーブロックを解放することにより、さらに健康な毎日につなげていただければと願います。


胃腸症状の改善 - 2013.10.31 Thu

 

先日のスタッフ担当日のこと。

40代の男性が、ふらつきと胃腸の症状で来院。

胃のあたりを軽く抑えただけでもかなりの圧痛を感じる。

検査によると味覚+感情で反応。

さらに特定していくと、間食のドーナツと「排除」というキーワードで反応。

患者さんは最初、「排除」というキーワードにピンとこない様子だったが、何のためにドーナツを食べたのかを尋ねると、「あ~!」とひらめいた様子。

答えは「余裕のなさ」。

今度は私が???だったが、少しして、なるほどと感じた。

つまり、仕事中、気持ちに余裕のない状態になるのを避けたくて、用心のために休憩をとり、食べたくもないドーナツを食べたということである。

義務的に休憩をとり、さらに義務的にドーナツを食べたことが、今回の症状の原因のひとつだったと考えられる。

そのことを認識していただき、振動刺激と呼吸法を行うと、反応は消失した。

患者さんも、「ああ、余裕がなくなるって決めて、備えてましたね。」と笑いながらおっしゃっていた。


人は過去の経験から無意識に心配のシナリオを創り、起こるかどうか分からないことについて思い悩むことが多いらしい。

院長によると、そういう場合、自分が何を心配しているのかをできるだけ明確にし、認識することが症状改善に役立つということだ。


奇跡のリンゴ - 2013.07.28 Sun

奇跡のリンゴ   リンゴの花



「奇跡のリンゴ」という映画を観てきました。


木村秋則さんという方が、絶対に不可能といわれた「無農薬・無肥料」でのリンゴ栽培に成功するまでを描いた作品です。


そもそも、私がこの方の存在を知ったのは、2006年12月の院長のブログからでした。


その記事は、下の追記でお読みいただけます。


また、石川拓治さんというノンフィクションライターの方が書かれた原作『奇跡のリンゴ-「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録』も読みました。


木村さんの言葉として

「自然の手伝いをして、その恵みを分けてもらう。それが農業の本当の姿なんだよ。そうあるべき農業の姿だな。」

「どんなに科学が進んでも、人間は自然から離れて生きていくことは出来ないんだよ。だって人間そのものが自然の産物なんだからな。自分は自然の手伝いなんだって、人間が心から思えるかどうか。人間の未来はそこにかかっていると私は思う。決して大袈裟でもなんでもなくてな。」

と書かれています。


人間は自然の産物。

つまり、自然の一部。

自然の流れに逆らわず、自然と調和して生きていきたいものです。

それが、誰の中にも備わっている自然治癒力を最大限に発揮することにつながると思います。



変化を恐れる - 2013.05.08 Wed


ベンチ01


慢性的なお腹の症状を抱えている患者さん。 先日のスタッフ担当日に、初めて施術させていただきました。

状態は「とても悪い」ということ。 身体を丸めていないと痛むそうで、実際、テーブルに仰向けに寝るのもかなり辛そうでした。

全身のバランスを整えたあと、痛みの強い箇所に手を置いていただき検査すると、まるで力が入りません。

メインは感情。キーワードは「恐れ」。

検査を進めていくと、「変化すること」に反応します。

ご本人は「???」という様子でしたが、ファミリーカイロでは、比較的多く見られる反応です。

来院される患者さんは、もちろん症状を早く治したいと思っていらっしゃいます。

ところが、長い間症状を抱えていると、身体はそれを「あたり前」の状態と勘違いしてしまうようです。

個人差はありますが、もともと人間の身体には、あたり前の状態を維持しようとする機能が備わっているので、「治ること=状態の変化=危険」という方程式が成り立ってしまうのかもしれません。

このようなお話をさせていただくと、「そういえば、今より悪くなるのが怖いから、変わらないようにしてるかもしれませんね」と おっしゃっていました。

ご自分の中にある「変化に対する恐れ」を認識していただいたところ、この先どんな風になりたいかというイメージも明確になってきた様子。足を伸ばして仰向けに寝ることもできるようになりました。

ファミリーカイロでは、患者さんご自身のからだを使った検査を行い、その反応によって施術させていただきます。

いつの間にかあたり前になってしまった症状をお持ちの方、ぜひ当院の施術をお試しください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

pinknatural

Author:pinknatural
お越しいただき、ありがとうございます☆あなたとの出逢いに感謝☆

最新記事

やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (109)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。